【秘密厳守!ご相談無料過払い相談センター】
朗報です。 債務整理中、多重債務の方でもカードが作れます。 VISAデビットカード

債務 整理 相談

任意 整理 相談 コラム 私のこころに火をつけた矢沢永吉氏 ありがとう!

任意 整理 相談 コラム

 私のこころに火をつけた矢沢永吉氏、ありがとう!


ご存知の方も多いかもしれませんが、永ちゃんは以前数十億円の借金を

持ってました。

でも、それを返しちゃったんですよね。

まさにすんごい人です!


私なんか、数百万の借金でオロオロしているのに、自分のキャパの

小ささに愕然とします。


でも、50、60になってもロッキンロールしている、永ちゃんを

見ていると本当に勇気をもらいます!

全国ツアーのコンサートはいっちゃおうかなぁと思っております!


そして、いっぱい、エネルギーをもらってきます。

永ちゃんをこころから、尊敬しています。



任意 整理 金利引き直し計算はこちら 無料ダウンロード

債務 整理 相談

任意 整理 掲示板 借り手保険

任意 整理 掲示板

再び朗報です!!

あの武富士も、借りて保険を廃止します!

これで、金融会社、保険会社の浄化が進めばと思います!

記事を抜粋しておきましたので、お読みくださいませ。


絶対に借金で死んではだめですよ〜!!



「借り手保険」 武富士も廃止

 消費者金融大手の武富士は29日、借り手が死亡した場合に備えて

加入している「消費者信用団体生命保険」を10月31日付で解約すると

発表した。

11月1日以降は、新規加入手続きも行わない。

「貸金業者が保険金を目当てに厳しい取り立てを行い、

借り手を自殺に追い込んでいる」との批判を受けた措置で、

大手ではプロミスに次いで2社目となる。

 この「借り手保険」は、現在は武富士の借り手(約220万人)全員が

加入している。

保険料は武富士が生命保険会社に支払っており、

借り手が死亡した場合、保険会社から武富士に対し、

融資残高に相当する保険金が支払われる仕組みになっている。

 今後、借り手が死亡した場合、相続放棄しない限りは遺族が債務を

引き継ぐことになる。

(2006年9月29日 読売新聞の記事より)

任意 整理 金利引き直し計算はこちら 無料ダウンロード

債務 整理 相談

任意 整理相談 利息引き直し計算の結果

任意 整理相談 利息引き直し計算の結果

3社あわせたら、な、なんと230万ほど、戻ってくる事がわかりました。

近日中に裁判所に突入しますが、はっきりと結果がでるまでは、

少し、モヤモヤしています。


3年の利息だけで、元金とほぼ同じ金額が請求できるので、

今までの生活苦からの開放を考えると少し希望が湧いてきます。


任意 整理使える 利息引き直し計算

債務 整理 相談

任意 整理 相談 センター

任意 整理 相談センター

最寄の市役所、区役所等、公共機関に窓口があります。

一番早いのは、裁判所に電話しちゃうことですね!

これがなかなか人生で、そんなに体験しないことなんで、

ビビッちゃう人が多いんだけど、全然こわくないですよ!

借金にビビって人の精神状態が、不安定なだけで、

直面能力が落ちてるんでしょうね。


任意 整理 ドキュメント任意 整理、利息引き直し計算

債務 整理 相談

任意 整理無料 相談

任意 整理無料 相談

たくさんの弁護士の先生方が、無料で相談にのってくれます。

しかし、特定調停等にいく場合は実費がかかりますので、

最初の簡単な相談だけして、あとは、自分で、やっちゃった方が

いいですね。

債務 整理 相談

債務 整理 相談 多重 債務 借金 任意 整理 債務 借金 返済 過払い 弁護士 自己 破産 費用

任意 整理 相談 多重債務 借金 任意 整理 債務 借金返済 過払い 弁護士 自己破産 費用


すべて、自分で解決できます!

弁護士費用を払うことは、ありません。

勇気を出して、裁判所に行ってみてください。

どうしても、お金が今ない人は、弁護士会の方で無料で

相談に乗ってくれます!
任意 整理 ドキュメント任意 整理、利息引き直し計算

債務 整理 相談

債務 整理 相談

債務 整理 相談(特定調停)

調停の成立・効力

裁判所の関与

特定調停法は、調停委員会や裁判所が公正妥当な調停の成立に向けて

積極的に関与することを認めている。

まず、調停委員会が当事者に対し調停条項案を提示する場合には、

当該調停条項案は、特定債務者の経済的再生に資するとの観点から、

公正かつ妥当で経済的合理性を有する内容のものでなければならない(同法15条)。

調停委員会は、この意味で適切な内容の合意が成立する見込みがない場合

又は成立した合意が適切な内容のものであるとは認められない場合におい

て、裁判所が17条決定(後述)をしないときは、特定調停が成立しないもの

として、事件を終了させることができる(同法18条)。例えば、

貸主が無登録貸金業者であることが判明したような場合、貸主に債務名義を

付与するのは妥当ではないとして、事件を終了させることがある。また、

特定債務者が一部の貸主との間で他の貸主に比して極端に有利な内容の

合意をしたような場合も、公正ではないとして、事件を終了させること

がある。

調停委員会が当事者に対してあらかじめ調停条項案を提示し、

出頭することが困難であると認められる当事者(遠隔の地に居住している

など)があらかじめその調停条項案を受諾する旨の書面(受諾書面)を

提出しているときは、その当事者が期日に出頭しなくとも、他の当事者が

期日に出頭してその調停条項案を受諾すれば、当事者間に合意が成立した

ものとみなされる(同法16条)。

特定調停を確実に成立させることができる手法として多用された時期も

あったが、当事者双方との調停条項案の摺り合わせや受諾書面の取付け

のために裁判所が膨大な事務を要求されるため、2003(平成15)年ころまで

にはほとんど用いられなくなった。

調停委員会は、当事者の共同の書面による申立てがあるときは、

件の解決のために適当な調停条項を定めることができる(同法17条1項、3

項)。調停条項の定めが当事者双方に告知されたときは、当事者間に合意が

成立したものとみなされる(同条4項、6項)。

これは、調停委員会による一種の仲裁であるが、17条決定(後述)による

方が簡便であるため、実務上は利用頻度は高くないようである。

裁判所は、調停委員会の調停が成立する見込みがない場合においても、

相当であると認めるときは、職権で、事件の解決のために必要な決定をする

ことができる(特定調停に代わる決定。実務上、17条決定(じゅうななじょ

うけってい)と呼ばれる。同法22条、民事調停法17条)。

この決定に対して、当事者が決定の告知を受けた日から2週間以内に異議を

申し立てなければ、この決定は、裁判上の和解と同一の効力を有する

(同法18条)。この決定についても、前述の内容の適切さが要求されている

(特定調停法20条、17条2項)。

特定調停に代わる決定は、特定調停の成立事由の事実上の原則形態となって

いる。これは、手続が簡易迅速であること、裁判所の事務処理基準を正面か

ら条項に反映させ得ること、貸主側の内部決裁を得やすい(調停担当者の判

断で譲歩したというよりも、裁判所が譲歩を要求したという方が、決裁権者

の理解を得やすい)ことなどによるものであろう。

調停の効力

当事者間に合意が成立し、これを調書に記載したとき、又は17条決定の

異議申立期間が経過したときは、調書の記載又は決定は裁判上の和解と

同一の効力を有する(特定調停法22条、民事調停法16条、18条3項)。

特定調停の不成立により事件が終了し(特定調停法18条1項)、又は異議の

申立てにより17条決定が効力を失ったときは、従前の債権債務関係がその

まま存続することになる。もっとも、申立人が事件が終了した旨又は

異議申立てがあった旨の通知を受けた日から2週間以内に調停の目的と

なった請求について訴えを提起したときは、調停の申立ての時に、

その訴えの提起があったものとみなされ(同法20条、民事調停法19条)、

遡って時効の中断が生じたり(民法147条1号、149条)、手数料の一部を

納めたものとみなされたりする(民事訴訟費用等に関する法律5条1項)。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



任意 整理したあとの限定特進プロジェクト!!ブログアフィリエイトで永続的な5万円を差し上げます!

債務 整理 相談

特定調停の実際

任意 整理 特定調停の実際

2002(平成14)年ころまでに、日本全国の簡易裁判所で非事業者の個人で

ある債務者が申し立てる特定調停については、標準的な処理方法が確立した

とみられる。

それは、申立人から家計の状況を聴取した上で、毎月の収入から相当な

生活費を差し引いて支払原資を算出し、この支払原資を各債権者の債権額に

応じて比例配分することによって各債権者に対する毎月の支払額を算出する

というものである。そして、各債権者の債権額は、みなし弁済の成否に

かかわらず一律に利息制限法所定の制限利息で引き直して算出し、かつ、

申立日(調停成立日又は17条決定の日とする庁もある。)現在の引直し後の

元本利息及び遅延損害金の合計額をもって固定して、将来利息は含めないの

が通例である。

期日の進行としては、裁判所は、申立てを受け付けると、第1回調停期日を

指定して申立人を呼び出すとともに、債権者である相手方らに取引経過の

開示と制限利息による引直し計算とを第1回調停期日までに提出させる。

調停委員会は、第1回期日において申立人から家計の状況を聴取し、

支払原資を確定して、第2回調停期日において調停条項案を作成する。

これを期日間に各債権者に提示して意向を聴取し、第3回調停期日において

各債権者との調整を行い、その結果に基づいて17条決定をする例が多い。

大まかな傾向としては、支払期間が4年を超えるような内容の17条決定は

相手方らから異議が申し立てられる可能性が高くなるようであるし、

賦貸金業者は制限利息による引直し計算を迫られると収益が激減するため

強硬に約定利息による債権額の算出を要求し、制限利息による引直し後の

債権額を基に17条決定がなされても、これに対する異議を申し立てたり

する。

ただ、異議を申し立てた相手方も、17条決定に沿った入金が続いている

限り、申立人に対して債務の一括弁済を請求したり、訴えを提起したりする

ことは差し控える場合も多く(もちろん、17条決定に異議を申し立てた

以上、相手方に請求を差し控える法律上の義務まではない。)、異議の

有無にかかわらず17条決定に沿った入金を続けるよう申立人に指導している

庁も多い。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

債務 整理 相談

債務 整理 相談

債務 整理 相談

特定債務者は、自己に対して金銭債権を有する者その他の利害関係人との

間における、金銭債務の内容の変更、担保関係の変更その他の

金銭債務に係る利害関係の調整(特定債務等の調整、特定調停法2条2項)に

係る調停の申立てをするときは、その申立ての際に、特定調停手続により

調停を行うことを求める旨の申述をすることができる(同法3条1項、2項)。

ここにいう特定債務者(とくていさいむしゃ)とは、以下の者をいう

(同法2条1項)。

金銭債務を負っている者であって、支払不能(破産原因を参照)に陥る

おそれのあるもの若しくは事業の継続に支障を来すことなく弁済期にある

債務を弁済することが困難であるもの。要するに、近々支払期日が来る

借金を契約どおり支払っていては、最低限度の生活費にすら事欠くとか、

運転資金が不足してしまうおそれが強い者である。

債務超過に陥るおそれのある法人。

申立人は、申立てと同時に(やむを得ない理由がある場合にあっては、

申立ての後遅滞なく)、財産の状況を示すべき明細書その他特定債務者で

あることを明らかにする資料及び関係権利者(特定債務者に対して財産上の

請求権を有する者及び特定債務者の財産上に担保権を有する者。

同法2条4項)の一覧表を提出しなければならない(同法3条3項)。

非事業者の個人であれば、こうした資料や一覧表は、各地の簡易裁判所が

受付相談の際の資料として作成しているひな形を利用すれば、

形式を一応整えることができる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。